軽微な工事とは

区分建設工事の内容
(請負額には消費税額を含みます)
建築一式工事の場合工事1件の請負額が1,500万円未満の工事、又は延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事
建築一式工事以外の場合工事1件の請負額が500万円未満の工事


上記の表に当てはまる工事の場合、許可は不要です。もっとも、軽微な工事でも許可を取得することは何ら差し支えありません。

付帯工事とは

許可業種以外の建設工事であっても付帯工事としてなら、許可を受けた建設業にかかる建設工事とあわせて請け負うことができます。

付帯工事とは、主たる建設工事を施工するために生じた他の従たる建設工事又は主た建設工事の施工により必要を生じた他の従たる建設工事であって、それ自体が独立の使用目的に供されるものではないものをいいます。